あしたの笑顔

ダンナさん、長男くん(自閉症・19歳)  娘(17歳・高校生) 二男くん(11歳・小学生)  私の5人家族です。 障がいのある子を育てて、早19年 いろいろあるけど笑顔でいることが当たり前になりました。 今までたくさんの人に支えてもらってここまできたので これから、だれかの「あしたの笑顔」のお手伝いをしながら 生きていけたらいいなと思っています。


過去記事はこちらからどうぞ!
今までのブログにアクセス出来ます。 
http://hokkorihiroba.at.webry.info/

http://blog.chatta.jp/tunasapo/

http://blog.livedoor.jp/tunasapo/

今年も冬の野菜が届いた~


昨日はものすご~く寒くって

もう、そのまま冬か~ と思っていたら

今日はいい天気で寒さも一息



DSC_3533

ちょっとこれ見て下さい

実家の父が作ってくれた白菜


すごいでしょ~   この大きさ


さっそくお鍋にして食べました。



柿や大根、キャベツ、ネギ

父の作るものはどれも大きくて、味も最高



日曜日はおでんだな~




森 源太ライブのお知らせ


10月ですね

昨日はパート先で伝票に何回か「9月」と書いてしまいました


一年一年、本当に時間がたつのを早く感じます



こういう時は、いろんなことに流されずに

日々、自分の中の大切なものに向き合って生きなくては・・・・と思います



今日は、12月1日の「森 源太ライブ」の打ち合わせでした。

たまたまお酒の席で知り合って

その後もなんとなく会うことがあって、

その人の誘いで出かけた「お酒と中華と森 源太」で

すっかり源太さんファンになった私


私より、ずっとずっと若い彼だけど

歌のメッセージ性は本当に素敵で

聴いていると心が元気になるのがわかります



そんな源太さんのライブを企画している友達の応援をしたくて

一緒に熱い時を過ごしたくて集まった人達



詳細は、チラシが出来次第載せますね。


12月1日(土)19:00~

赤レンガパーク4号館 

とにかく、この日を空けておいて下さいね 



私個人としては、障がいのある子(人)の兄弟姉妹に是非来てほしいと思ってます。

自分の人生、自分のために生きていいんだよ!って

源太さんの言葉から感じてほしいな


来てくれた一人一人が、自分の明日を

これからを考える機会になると思います

空手を始めてます


お~、1か月以上放置していたブログ

困ったものだ



その間に、ヒロトが空手を始めました
DSC_3194

空手着も届いて、張り切ってます。



今日は台風の中、保護者会主催のレクリエーションがあったので

ヒロトと二人で行ってきました



ふるるファームでの食事と、親海公園でのプラネタリウム



入って間がないし、週2回ある練習も1回は太鼓の稽古で休むから行く回数が少なくて

友達らしい友達もいないし・・・・。

私もお母さんたちと付き合うのが苦手


2人とも「どんな感じかな・・・・」って、ドキドキで出かけたけど


楽しく過ごせました~


同じテーブルでご飯を食べたのが、4年生と5年生の男の子

食べてるうちにすっかり仲良くなって

競争するみたいにいっぱい食べて



私もボチボチお母さん達とお話しして



これから空手に行くのがますます楽しくなりそうです(よかった・・・・)




ここで、空手の裏話

ちょっと練習するわ!  って、道着を着ようとするから

「やる気満々やな」って見てたら


ナント

練習するのは、空手じゃなくて

道着のチョウ蝶結びでした・・・・・・



チョウ蝶結びも、正座も、まだまだ苦手だけど

これからきっと、もっともっと頑張るでしょう



舞鶴市公開事業評価


18、19日とやっていました。

公開事業評価


行ってきました。2事業だけの傍聴だったけど・・・・。



DSC_3038

評価はこんなふうに進められていました。

評価区分は、
①不要、民営化
②抜本的見直し
③国、府、広域実施
④市実施、現行通り、拡大
⑤市実施、内容・規模見直し
⑥市実施、民間委託化、民間委託の拡充(NPO,地域団体も含む)

で評価


傍聴したのは、

・青葉山ろく公園ちびっこゲレンデ管理委託料 (担当課・スポーツ振興課)

・特色ある教育活動支援事業補助金(担当課・学校教育課)


率直な感想は、この公開事業評価をしなければ

二つの事業は見直しが出来ないのか(出来なかったのか)

ということ。


他の事業についてはわかりませんが、

無駄なお金の使い方と内容の検討がされなさすぎていることにため息が出ました。



つなサポだったり、ほっこりだったりで

いろんな助成金を申請して、手続き、事業報告をしているけど

事業内容と金額のあいまいさは

ゆるゆるの助成金並みだな~と感じました。

そこはこれから一番変わってほしい、改善してほしい、

もっと厳しい目で見てほしい点でしたね。



それにしても

残念だったのは、公開事業評価のことが私の周りで全く話題になっていなかったということ。

私自身も、政策づくり塾でこの事業のことを聞かなければ傍聴には行っていませんでした。


実際傍聴に行かれていたのは、市役所職員の方や、他の行政関係者の方がほとんどだったみたいですが・・・。


広報にも問題があったのではと思います。





その点も踏まえて

この頃痛切に思うこと

それは、どんなことでも非難することは簡単だということ。

だけど、その非難は

それだけで終わってしまうのではなく

改善に結びつくものでなくてはならないということ。



まだまだ舞鶴市も発展途上にある

もっと良くなる余地がある、
見直すべきところは大量にあるということを示したところで、
これから変わっていくのだと思います。




いろんな所に参加した後、必ず自分の関わるものを見直そうと

自分自身に気合を入れます。


今回も、ある意味ものすご~く気合が入りました




政策づくり塾


一般の人と、市役所で働く人たちから

公募という形で集められた「政策づくり塾」



京都府立大学公共政策学部の窪田先生と杉岡先生に
いろんなことを教えていただいています。


昨日が2回目でした。


1回目の時は、緊張と気合の空回りからか

先生の話がとても難しく感じたけど

昨日はとても分かり易く、「私でも大丈夫」と思えました。



いつも障がいのある人のことばっかり考えている自分にとって

政策づくり塾はとても新鮮で

いろんな人と話が出来て、意見が聴けて

日々気にしていなかったことに気付くことが出来ます


月に1回の塾で、これからどんな政策づくりをしていくのか

まだまだ未知の部分が多いけど

楽しみがぐ~んと膨らんでいます



私はいつも思いつきで動くけど

先生が言われていた「ひらめきが大事」という言葉を信じて

これからも勉強していこうと思います



家族には迷惑をかけるけど

これからも頑張っていこうと思います。


つなサポ運営委員会
「つながろう、つなげよう、この町に住む私たちだから」をテーマに
障がいのある人(子ども)達や家族のことをたくさんの人に知ってもらい
支援の輪を広げる活動をしています。

メールアドレス
tunagarisapoototai@yahoo.co.jp



つながりサポート隊募集中!!
休日など、余暇活動を支援してくれるボランティアさんを募集しています。
資格など特別なことはいりません。

あなたの得意なことや、好きなことで参加して下さい。
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ